2021.05.11

ドラフト最下位、育成契約、戦力外…あきらめない男、ヤクルト今野龍太のプライド

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 昨年のいつ頃からか、今野龍太(ヤクルト)のピッチングを見るたびに「空振りの取れる真っすぐ」とメモするようになり、今年2月の練習試合、オープン戦を見ても「やはり空振りの取れる真っすぐだ!」と筆圧が強くなるほどだった。

 そして今野の昨年の成績をあらためて見ると、驚くことに気づいた。昨シーズン、自己最多の20試合に登板し0勝1敗、防御率2.84。その役割をしっかりと果たすも、登板試合でのチームの勝敗はなんと0勝19敗1分。

 チームがリードされている場面でのマウンドがほとんどだったから、決してあり得ないことではないが、昨年20試合以上登板した投手で勝ち試合を経験していないのは、12球団で今野ただひとり。

4月23日の広島戦でヤクルト移籍後、初勝利を挙げた今野龍太4月23日の広島戦でヤクルト移籍後、初勝利を挙げた今野龍太  この中継ぎ右腕への関心がいよいよ強くなり、シーズンが開幕すると、そのキャリアは驚くほどの急展開を見せることになる。

 岩出山高校(宮城)出身の今野は、2013年のドラフトで地元・楽天から9位(この年の支配下ドラフトの最下位指名)で入団。1年目から一軍登板を果たすが、2016年には右ひざの手術の影響もあり育成選手に。翌年、再び支配下登録され、2019年にはプロ初勝利を挙げるもオフに自由契約。そしてその秋、ヤクルトの一員となった。

 今野はヤクルトへの入団が決まった時の心境についてこう話す。

「チームが変わったことで一からのスタートとなり、今までとまた違った経験ができるんじゃないか、新しい自分がつくれるんじゃないかと。そのためには、ストレートに自信があったので、まずはそこをアピールできればと思っていました」

 昨年6月19日、新しいチームでの初登板(中日戦/神宮球場)が早くも訪れる。7対7の同点で迎えた延長10回表、先頭の遠藤一星を四球で歩かせると、次の大島洋平の投手前バントをエラー。自らのミスが絡んでの2失点で敗戦投手となり、一軍登録からも抹消された。

「あの時は自分自身のメンタルの問題で四球やエラーをしてしまったので、ファームではそういうことを繰り返さないように練習しました。技術面では制球力のレベルアップを意識して取り組みました」