2021.05.10

「鈴木誠也そっくり」の育成ドラ1も。カープ二軍監督が期待する若手

  • 永田遼太郎●取材・文 text by Ryotaro Nagata
  • photo by Kyodo News

広島東洋カープ
高信二二軍監督インタビュー 後編

>>前編を読む

 昨シーズンまで5年にわたって一軍ヘッドコーチを経験し、今季から二軍を率いる高信二監督。2016〜18年のカープ3連覇を支えた二軍の指揮官は、現在のカープをどう見るのか? 後編では、4月29日に一軍初登板を果たした玉村昇吾ら投手陣、期待の若手選手について聞いた。

4月29日にプロ初登板を飾った2年目左腕・玉村昇吾4月29日にプロ初登板を飾った2年目左腕・玉村昇吾
―― 次に投手陣についてお聞きします。4月29日の対DeNA戦でプロ初登板を果たした玉村昇悟投手の評判が高いです。高監督はどのように評価していますか?

「彼は昨年1年間、特別強化指定選手として体力強化をメインに育ててきた選手で、試合に出たのも昨年のフェニックスリーグからだったんです。そこからいいものを常に出し続けてくれましたし、今年も春から故障なくずっと二軍の試合で投げてきました。コントロールが優れたピッチャーで、球のスピンもいい。高卒2年目の投手としてはすばらしい素材だと感じています」

―― 次にルーキーの小林樹斗(たつと)投手ですが、現状を教えてください。

「彼も昨年の玉村と同様に、今年は特別指定強化選手として育てています。2週間に一度のペースでファームで投げながら、そのなかでいいものを出してくれています。今年1年はじっくりと体をつくりながら、故障させないでデビューできるようにもっていく。これはうちに高卒で入ってきたすべての投手に対するチームの方針なので、焦らずじっくりと育てていきたいと考えています。今シーズン中の一軍はないでしょう」

―― ここまでの話に挙がってきた選手以外で、成長が著しいと感じている選手はいますか?

「キャッチャーの石原貴規ですね。この選手がキャッチャーで出るようになったら面白いと感じています。バッティングもいいですし、ハートも抜群なので、すごく楽しみな選手。今は一軍に打力があるキャッチャーが多いですが、守備力やスローイングなどを見ていると、石原貴規に最も『キャッチャーらしさ』を感じます。

 あとみなさんに名前を覚えておいてもらいたいのが、二俣翔一(2020年育成ドラフト1位)です。彼の本職は捕手で、今、内野手もやらせてみようとサードの練習もさせているんですが、とにかくバッティングがいい。東出(輝裕)打撃コーチいわく『(プロに)入ってきた時の鈴木誠也にそっくりだ』と。それくらいパンチ力がありますし、この間も鳴尾浜球場でライトへスリーランを打ちました。現在、育成枠ですけど、すごく伸びしろのある選手かなと思っています」