2021.07.02

原辰徳監督と阿部慎之助から信頼を得たきっかけ。橋上秀樹が明かす巨人選手たちの舞台裏

  • 岡田浩人●取材・文・写真 text & photo by Okada Hiroto

橋上秀樹インタビュー 後編

野村克也、原辰徳、辻発彦といった名将たちの「参謀」として常勝チームを支えた橋上秀樹氏。インタビュー後編では、巨人時代の原監督とのエピソードや、阿部慎之助(現・巨人二軍監督)に与えた打撃開眼のきっかけ、ヘッドコーチに求められる役割について語ってもらった。

現在は新潟アルビレックスBCの監督を務める橋上秀樹氏現在は新潟アルビレックスBCの監督を務める橋上秀樹氏
* * *

 2005年、楽天ヘッドコーチに就任した橋上秀樹氏は、4年にわたり監督を務めた野村克也氏とともに2009年限りで退団。その後、1年間、解説者として活動し、2010年10月に独立リーグ・BCリーグの新潟アルビレックスBCの監督に就任した。

「いくつかのNPB球団からコーチのオファーはいただいていたのですが、『監督』というポストで要請をいただいたのは新潟アルビレックスBCだけでした。野村監督から教えを受けた組織運営のあり方や人材育成について私が記した著書を、新潟の球団の方に読んでいただいたというのがきっかけでした。それまでまったくと言っていいほど独立リーグについて知識がなかったのですが、監督というポストにやりがいを感じ、引き受けることにしたんです」

 監督として、10代から20代前半のNPB入りを夢見る若者たちと過ごすなかで、橋上氏はかつて自身が野村氏から聞かされた「人間的成長なくして、技術的な成長なし」という言葉を繰り返しチームに言い聞かせた。2011年シーズン、開幕の4月から6月までの前期こそ東地区で最下位だった新潟だが、7月以降は徐々に成績を伸ばし、9月には後期優勝を飾った。そしてプレーオフでは球団創設5年目にして初の地区優勝。そんなチームの成長を興味深く見つめていた人物が、当時の巨人GM・清武英利氏である。

「2011年の7月と9月に2度、巨人の二軍チームと新潟が"交流戦"を行ないました。1試合目は3対2で新潟が勝利し、2試合目は10対0で新潟が圧勝。その試合を見ていた清武GMからしばらくして連絡があり、『来季から巨人に来て、戦略部門を強化してほしい』というオファーをいただきました。巨人という名門球団で、OBでもない自分が指導できる機会は多くない。私は巨人の『戦略コーチ』を引き受けることにしました」