中日を支えたお買い得な名助っ人たち。森繁和が明かす中南米ルートの構築秘話

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Kyodo News

「オレは別に3000万にこだわっているわけじゃないよ(笑)。1億あれば3人とれるという考え方だよ。『この額なら、よそのほうがいい』と言われればそれまでだけど、先に契約金を提示する。それが魅力的に映ったのかもしれない」

 ドミニカに"道"をつくりにいった森氏は、現地球団とのパイプを太くし、魅力的な外国人選手を連れてくるようになった。そしてドミニカに飽きたらず、中南米各国にルートを広げていく。

 そうして生まれた新たなトレンドが、外国人選手を「育成」で獲得し、日本で育て上げるという手法だ。

後編へ続く>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る