八重樫幸雄も笑った真中監督の勘違い。
今永昇太より原樹理を選んだ理由

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――右方向に打てる右のスラッガーは、かつての清原和博氏、広島・鈴木誠也、巨人・岡本和真を彷彿させ、夢が広がりますよね。

八重樫 レフト方向に強い打球を打つ右打者は多いけど、逆方向に大きい打球を打つことは誰にでもできることじゃないから、その才能は順調に伸ばしてほしいな。理想としては多少粗削りな部分は目をつぶってでも、試合に出ながら経験を積んでいけばいい打者になると思う。かつての池山(隆寛)や、去年の村上(宗隆)のようにね。

――村上宗隆、廣岡大志、渡邉大樹がクリーンアップを打つようになると、新世代のスワローズ打線が完成しますね。

八重樫 今のヤクルトは、ちょうど世代交代が進んでいる時期にあるから、若手が台頭するチャンス。村上、廣岡、渡邉が出てくると、本当に面白くなると思いますよ。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る