2018.07.03

バブル崩壊で契約金5200万円が
消えた中根仁。「しかも借金が…」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」 中根仁(前編)

 三拍子揃った外野手として高い評価を受け、近鉄バファローズにドラフト2位指名された中根仁。プロ1年目の1989年からリーグ優勝に貢献し、日本シリーズ出場を果たした。1998年には、移籍した横浜ベイスターズ(現横浜DeNA)で38年ぶりのリーグ優勝、日本一も経験している。

 どこから見ても順風満帆に見えるプロ野球人生。だが、そこには思わぬ落とし穴があった。バブル崩壊の直前にプロの世界に飛び込んだ中根が見た、プロ野球界の金銭事情とは――。

(第3回>「ポスト古田」として契約金7500万円もらった高卒捕手が見たもの)


バファローズで9年、ベイスターズで6年活躍した中根仁
――中根さんは1988年、東京六大学リーグで春秋連覇を果たした法政大学時代にキャプテンを務め、その秋のドラフト2位で近鉄バファローズに入団しました。「打ってよし、守ってよし、走ってもよし」というすごい選手でした。

中根 はい、踊ってもよし!(笑)

――プロ1年目の1989年から一軍で活躍しましたが、ホームラン数は……。

中根 10本です。

――ルーキーイヤーで10本塁打はすごいですね。そのシーズンに放った34本のヒットのうち10本がホームランだったわけですから。そして同年に、読売ジャイアンツとの日本シリーズにも出場しました。

中根 3連勝のあと4連敗した伝説の日本シリーズですね。

――当時の近鉄には、いかにもプロ野球選手という方々がいらっしゃいましたね。

中根 栗橋茂さん、金村義明さん、加藤哲郎さん、山下和彦さん……。たしかに、ちょっと”いかつい人”が多かったですね。みなさんには、よくかわいがっていただきました。ちょうど僕が入団する前の1988年に、「10・19」と語り継がれるロッテオリオンズとのダブルヘッダーがあって、惜しくもリーグ優勝を逃していたんです。先輩たちはその悔しさがあるから、優勝したときにはものすごく喜んでいたんですが、僕は新人だったので、いまひとつピンとこなくて……。