2018.04.14

「ポスト古田」として契約金7500万円
もらった高卒捕手が見たもの

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」 米野智人(前編)

 プロ野球チームには4億円以上を稼ぐ選手もいれば、1000万円に満たない年俸の選手もいる。それぞれが力を合わせて、リーグ優勝を目指して戦うのがプロの世界なのだ。

「ポスト古田」と期待されながらレギュラーをつかめなかった米野智人が出会ったプロ野球の1億円プレーヤーの素顔とは? そして、スターとしてスポットライトが当たるわけではない地味な選手たちのマネー事情は? 

“第二の捕手”としてプロ野球で生きてきた男が語るプロ野球選手とお金の話!

(第2回>焼肉は1回10万円以上。川崎憲次郎が明かす「プロ野球とお金」の話)

2002年、一軍で捕手としてチャンスを得た米野智人(右)

──米野さんは1999年ドラフト3位で北照高校(北海道)から東京ヤクルトスワローズに入団しました。

米野 「松坂世代」の次の年です。ドラフトの同期は桐生一(群馬)で日本一になった正田樹ですね。去年、福岡ソフトバンクホークスにいた川﨑宗則もそうです。

──当時、スワローズには古田敦也さんがいました。日本を代表するキャッチャーのいるチームに指名されたことについて、どう思いましたか?

米野 もちろん、偉大な選手だということは知っていました。正直、自分がポジションを奪えるとは思えませんでした。

──古田さんは2006年に選手兼監督になるまで、ずっと正捕手の座を渡しませんでした。チームに勝利をもたらすキャッチャーであり、打っても2000安打を打つ強打者でした。

米野 僕にとってはものすごく高い壁でした。ただ、近くでプレーできていろいろと勉強になりましたね。