2018.01.09

正捕手が消えた。DeNA光山コーチが
明かす「捕手3人体制」の真意

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by(C)YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

 誰が守れば勝ちやすいのか――。選ぶときの基準は「はじめにデータありき」だという。投手との相性については、たとえば、今永と嶺井、今永と戸柱、どちらの防御率がいいのかを見る。その上で相手チームはもちろん、球場別のデータも見る。そのため数字上は嶺井の方が防御率はよくても、戸柱を起用するケースもある。さらに数字には現れない「フィーリング的なもの」も含めて、誰がいいのか答えを出す。

 これはまさに、2017年の広島とのCSファイナルステージがそうだった。

 1023日の第4戦、プロ初の中継ぎ起用となった今永が2イニングを無失点に抑えたが、この試合でスタメンマスクの嶺井と組んだときの防御率は1.68。この相性のよさが好投につながったと見られる。

 さらに第5戦、濱口もプロ初の中継ぎ起用となり、まして捕手は初めて組む嶺井。それでもマツダスタジアムでの濱口は防御率3.001019日の第2戦でも7回2失点で勝利投手となっていた。ゆえに思い切って起用できたのではないか。

 実際、濱口も2イニング無失点と、専任の高城でなくとも結果を残せたのだ。「勝ちやすいのなら誰でもいい」という光山の考えが、”神継投”とも称されたラミレス監督の采配を支えていた。

「監督も、ほぼ同じ考えになってきました。『誰でもいい』って、ちょっと違うんじゃないかという人もいるかもしれないですけど……僕は、そこはまったく気にしないですね」

つづく

(=敬称略)

「日本で控えってウソだろ?」 乙坂智がメキシコで大絶賛された打撃術>>

山本昌はDeNAドラフト1位・東克樹をこんなに高く評価していた>>

「貧打のカープを変えた石井琢朗コーチの言葉」連載第1回目から読む

プロ野球記事一覧>>

関連記事