2018.01.03

「日本で控えってウソだろ?」
乙坂智がメキシコで大絶賛された打撃術

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 近年、日本人選手の武者修行が増えたこともあり、すっかり日本の野球ファンにも浸透した中南米のウインターリーグ。そのなかでもメキシコの”リガ・パシフィコ・デル・メヒコ(メキシカン・パシフィックリーグ)”は、2016年シーズンから多くの日本人選手を受け入れるなど、注目を集めている。

メキシコで4割を打った乙坂智はDeNAでもブレイクできるか ふた昔くらい前までは、各国のウインターリーグチャンピオンが雌雄を決するセリエ・デル・カリベ(カリビアンシリーズ)で、メキシコはメジャーリーガーを揃えるドミニカやベネズエラ後塵を拝することが多かった。しかし、近年は高度成長を続ける国の経済力と治安の良さから他国から好選手が多く集まるようになり、”カリブ最強”と言っても過言ではないほどのレベルを誇るようになった。

 この冬、そんなメキシコのウインターリーグにヤキス・デ・オブレゴンの一員として参戦し、打率4割を超える驚異的な成績を残したのが横浜DeNAベイスターズの乙坂智(おとさか・とも)だ。

 2017年シーズン、乙坂はクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの阪神戦でのホームランが印象的だったが、日本シリーズでは無安打、レギュラーシーズンでも83試合の出場にとどまるなど、いまだ本格的なブレイクには至っていない。

 そうした現状を打破するためのメキシコ武者修行だったが、ここで乙坂は現地の選手や指導者も目を見張るほどの活躍を見せた。