2018.01.02

ロッテ井口新監督が高らかに宣言!
「常に優勝できるチームをつくる」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

ロッテ・井口資仁監督インタビュー(後編)

インタビュー前編を読む

現役時代、日米で頂点に立ったことのあるロッテ新監督の井口資仁 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁新監督の原点は、福岡ダイエーホークス時代にある。

「ホークス時代は、城島(健司)とずっと張り合っていましたし、他にも松中(信彦)さん、小久保(裕紀)さんがいました。盗塁だったら川﨑(宗則)、村松(有人)さんと数字を争っていました」

 この経験が物語るように、井口が描くロッテ改革論として真っ先にあげたのが、「チーム内競争」だった。

「他の球団ではなく、チーム内で勝ち残れるかが重要。低いレベルではなく、高いレベルで競争するチームになってほしい」

 選手として日本一を3度、世界一を2度経験し、「優勝請負人」と形容されてきた男の言葉はずしりとした重みが伴っていた。

 負けず嫌いな男たちの「チーム内競争」は、秋季キャンプでさっそく実現した。例年は30人前後で行なう秋季キャンプで、51人の選手を招集した今年は明らかに異例だ。「一軍と二軍の枠を撤廃」したことにより、選手は同じスタートラインに立った。これまでの実績にすがりつく人間はいらないという井口のメッセージが伝わってくる。

 春のキャンプではさらなる秘策がある。

「今まで宿舎を分けていたのも全部一緒にする。門限も撤廃。禁止することはなるべく少なくする代わりに、すべて自己責任ということです」

 個が強くならなければ、組織は強くならない。スポーツ、ビジネス、どの世界でも共通することである。

「団体競技ではあるんですが、1人のプロ野球選手としてしっかり自立すること掲げています」