2018.01.01

ロッテ新監督・井口資仁、新春に誓う
「チーム立て直しは今しかない」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

ロッテ・井口資仁監督インタビュー(前編)

 日米通算2254本の安打を放ち、盗塁王も2度獲得するなど、名実ともにトッププレーヤとして日本球界をリードしてきた井口資仁(ロッテ)が、2017年シーズンを最後に21年間の現役生活に別れを告げた。そして今季からロッテの監督として第2の野球人生をスタートさせる。はたして、日本でもアメリカでも頂点を経験した男は、昨シーズン最下位に沈んだチームをどう立て直すのだろうか。

チームの再建を託されたロッテ・井口資仁監督「僕がレギュラーに求めているのは、何があっても試合に出続けるということです。どこか体が痛むからといって休ませる気は全然ありません」

 この方針は、紛れもなく井口資仁自身がそういうプレーヤーだったからであり、勝利の味を知る井口が「選手のあきらめが悪いチームは強い」と確信しているからであろう。

 井口はレギュラーとして試合に出続けることにこだわりをもってきた。日本球界歴代5位の146死球を受けようが、左手人さし指にひびが入ろうが打席に立ち続けてきた。

「自分のベストパフォーマンスを出せるのは、143試合でせいぜい30試合くらい。デッドボールがたって体が痛い中でも、結果を残し続けるのがレギュラーです。選手にとってコンディションが悪いときは、当然、試合に出たくないですよ。成績が下がりますから。ただ、それはプロじゃない」

 この井口の背中を近くで見続け、実行してきたのがキャプテン・鈴木大地だ。

「何がなんでも出るという大地のような選手が、1人でも、2人でも増えてくれば、チームとして強くなる」