「ロマン枠」の新人、西武・中塚駿太は
大谷を超える球界最速王になるか

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

「あのボールは、さすがMAX157キロの球を投げるだけのことはあるなと思いました。これからハマっていくといいんですけどね」(駒月)

 しかし、中塚は涼しい顔でこの一球について振り返った。

「ちょっと力を入れました。でも、試合で三振が欲しいときに投げるようなボールじゃないです。試合でストライクを取りにいくときに投げるくらいの力ですね」

 日本人離れした巨体に、鷹揚(おうよう)な言動。まさにロマンを抱かずにいられない大器であることは間違いない。だが、一歩間違えれば、のんびりしている間にプロ野球人生が終わってしまうという危険もはらんでいる。

 清川二軍投手コーチは、キャンプ初日の段階で中塚のことをこう評している。

「投げることに関しては、いいものを持っています。肩関節が柔らかいし、それをうまく使えるところにも非凡さを感じます。でも、プロの投手としては『初期の初期』の段階にある。アマチュアとプロの差は、毎日が勝負ということ。長丁場でいかに高いパフォーマンスができるかが求められるわけで、その点で中塚はまだまだ。フォームもコントロールもバラつきが多いし、軸がしっかりしていない。まずは体幹部とか、基礎的なところからしっかりと芯をつくっていかないといけないでしょう」

 そう育成計画を口にしつつ、清川二軍投手コーチはこう続けた。

「でも、それができていないなかでも、あれだけのボールが投げられるわけだから。今の状態から鍛えていけば楽しみだよね」

 その大きな体に分厚く覆われたベールが脱げるまで、時間はかかるかもしれない。それでも、プロ野球ファンはこの眠れる逸材の目覚めを待つという、新たな「ロマン」を手に入れたといえるだろう。

プロ野球記事一覧>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る