DeNAの守護神・山﨑康晃、取り戻した「2年前の感覚」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 当の本人は「クローザー」という重責を任されていることについて、どう思っているのか聞いてみた。

「今は抑えになって、自分らしさを取り戻しつつあるのかなと思っています。適性があるかどうかはわかりませんが、今は仕事を与えてもらっていることに誇りを持って、マウンドに上がっています。3点差より1点差の方が気持ちは入ります。緊張感のある場面で投げたいという気持ちが強いです」

 なんとも心強い言葉だ。かつてベイスターズの絶対的守護神だった佐々木主浩にちなんで「小さな大魔神」なんて呼ばれているが、現時点での安定感は大魔神にも負けていない。山﨑がDeNAのクローザーとして君臨している限り、この快進撃はまだまだ続くだろう。そして17年ぶりのリーグ優勝も日に日に現実のものとなっていくに違いない。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る