2015.05.23

DeNA独走の理由。他の5球団と決定的に違う「ひとつのデータ」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 5月19日から行なわれたヤクルト3連戦で1勝2敗と負け越し、球団初の8カード連続勝ち越しはならなかったDeNA。それでもここまで46試合を消化して28勝18敗の成績を残し、2位・巨人に3ゲーム差をつけて首位を快走している。
※今季の成績はすべて5月22日現在のもの

DeNAの監督に就任して4年目を迎えた中畑清監督

 4番・筒香嘉智の覚醒やセットアッパーの田中健二朗からクローザー山﨑康晃へとつなぐ”勝利の方程式”の確立。さらに41歳・三浦大輔の”奮投”など、好調の要因はいくつか挙げられる。そして進藤達哉ヘッドコーチにここまでの戦いを振り返ってもらうと、次のような答えが返ってきた。

「ピッチャーがなんとか最少失点に抑えて、打者は少ないチャンスを確実にものにする。そういう戦いができているのが大きいですね。あと、今年はホームでしっかり勝てている印象があります。ただ、他のチームも今年はホームで強いんだよね」

 そこで、今季ここまでのセ・リーグ各チームのホームとビジターの成績を見てみたい。

DeNA
ホーム:16勝6敗(勝率.727)
ビジター:12勝12敗(勝率.500

巨人
ホーム:16勝6敗(勝率.727)
ビジター:9勝15敗(勝率.375

中日
ホーム:17勝7敗(勝率.708)
ビジター:6勝16敗(勝率.273

阪神
ホーム:12勝11敗(勝率.522)
ビジター:8勝13敗(勝率.380

ヤクルト
ホーム:14勝9敗(勝率.609)
ビジター:6勝16敗(勝率.273

広島
ホーム:13勝8敗(勝率.619)
ビジター:6勝16敗(勝率.273