2015.05.19

西武・秋山翔吾、マートン超えの年間225本ペースで安打量産中

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「今の秋山(翔吾)には、何を投げても打たれる感じがします」

 そう語ったのは、ロッテのリリーフ左腕・松永昂大だ。その言葉通り、今シーズンの西武・秋山翔吾は開幕から好調を維持し、ヒットを量産している。

オープン戦でも打率.459をマークし、首位打者に輝いた西武・秋山翔吾

 開幕から40試合を消化し、63本もの安打をマーク(※)。つまり、1試合1.575本のペースでヒットを放っており、シーズン143試合で換算すると225安打となる。これは、2010年にマット・マートン(阪神)が樹立したプロ野球シーズン最多安打記録の214本を上回るハイペースだ。
※今季の成績はすべて5月18日現在のもの(以下同)

 今年でプロ5年目の秋山だが、昨年までの4年間で積み重ねた安打は459本。2013年にシーズン152安打を放ったのがキャリアハイで、打率3割をマークしたことは一度もない。昨年は開幕から極度の不振に陥(おちい)り、ファーム落ちを経験。最終的には123安打を放ち、打率.259まで持ち直したが、秋山にとっては悔しいシーズンとなった。オフには痛めていた右ヒジのクリーニング手術を行ない、今季に備えた。

 キャンプで「しっかり振り込むことができた。いいスイングの形になってきた」と手応えを口にしていた秋山。オープン戦では打率.459をマークして首位打者になるなど、開幕前から飛躍の兆しはあった。野球解説者の大塚光二氏は、今シーズンの秋山について次のように語る。