「大谷翔平は韓国スポーツ史上、最も愛される日本人選手」 現地記者に聞いた、その理由と時代背景とは?

  • 吉崎エイジーニョ●文 text by Yoshizaki Eijinho

韓国・ソウルで行なわれるMLBの開幕戦チケットが8分で売り切れたことが報じられているが、これは韓国での大谷翔平人気の表れにほかならないという。現地では「韓国スポーツ史上、最も愛される日本人選手」とまで語られているそうだが、大谷翔平がそこまで人気になった背景には何があるのか?

【大谷翔平は韓国スポーツ史上最も愛される日本人選手】

「『オオタニ、マチャド、キム・ハソンを見よう』 MLBソウル開幕戦 8分で売り切れ」

 韓国のインターネットメディア『ノーカットニュース』が1月30日にこう報じた。3月20日にソウル・高尺スカイドームで開催されるMLB開幕戦パドレスvsドジャースのチケットが一瞬で売れた、という話だ。

大谷翔平はMLB開幕戦を行なう韓国でも大人気 photo by AFLO大谷翔平はMLB開幕戦を行なう韓国でも大人気 photo by AFLOこの記事に関連する写真を見る この見出し、選手の紹介順が「日本・米国・韓国」となっている。通常、韓国ではこういう点にすごくこだわる。どれほど選手の実績に差があれど、ひとまずは韓国を先頭に持ってくるものだ。日米の順番も「アメリカが先」のケースが多い。ところがここでは「オータニ」がトップに。ほかでもない。これが読者に一番多く読まれる、ということだ。

 YouTubeには韓国語による『OHTANI17』というアカウントが存在する。フォロワーは6万人。このなかで多く見られた動画は「オオタニにハマる瞬間」というショート動画だ。これは北海道日本ハムファイターズ時代と思われる大谷翔平が練習場を通り過ぎる際に、ファンの声がけにクールに反応してみせる瞬間を強調するもの。ワイプに出てくる若い女性がこれに感嘆。この動画に50万アクセスが集まっている。

 ほかにもインターネットメディア『OSEN』が「"Tシャツとハーフパンツがもう爆発しそう!筋肉質な体が際立つ'完璧な男'大谷"」と報じたり...。

 つまりはこういうことだ。

「大谷翔平は、韓国スポーツ史上、最も愛される日本人選手なんですよ」

 そう語るのは、韓国のスポーツ紙の記者として長年同国の野球界を取材してきた業界の大御所で、現在は韓国野球学会理事のチェ・ミンギュ氏。韓国での大谷翔平は、「スポーツを超えた、一般紙でも語られる有名人」でもあるという。

 データもそれを実証している。韓国のビッグデータサイト『SOME TREND』では、韓国語のネット環境(Instagram、ブログ、ニュース、X)でのキーワードごとの言及量(どれほど多く語られているか)を調べることができる。

「オータニ」についてのこの1年(2023年1月30日から2024年1月31日)までの言及量は、その1年前の314%増。合わせて、関連キーワード("オオタニ"と合わせて語られている言葉)をポジティブ・ネガティブで分けた際のデータがスゴい。上位15位は次のとおりだ。

「最高」「優勝」「活躍」「活躍する」「満場一致」「怪しい」「良い」「達成する」「成功する」「好む」「話題」「有望な新人」「活躍を広げる」「望む」「うまくやる」。

 ネガティブワードは6位の「怪しい」のみ。あとはすべてポジティブワードなのだ。

1 / 4

プロフィール

  • 吉崎エイジーニョ

    吉崎エイジーニョ (よしざき・えいじーにょ)

    ライター。大阪外国語大学(現阪大外国語学部)朝鮮語科卒。サッカー専門誌で13年間韓国サッカーニュースコラムを連載。その他、韓国語にて韓国媒体での連載歴も。2005年には雑誌連載の体当たり取材によりドイツ10部リーグに1シーズン在籍。13試合出場1ゴールを記録した。著書に当時の経験を「儒教・仏教文化圏とキリスト教文化圏のサッカー観の違い」という切り口で記した「メッシと滅私」(集英社新書)など。北九州市出身。本名は吉崎英治。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る