藤浪晋太郎が在籍したアスレチックス本拠地は「昭和のパ・リーグ」ラスベガス移転で生まれ変わるか

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • photo by Getty Images

 カリフォルニア州オークランドといえば、1980年代後半から90年代にかけてマーク・マグワイアとホセ・カンセコの"バッシュ・ブラザーズ"に、"世界の盗塁王"リッキー・ヘンダーソンを擁し、黄金時代を築いたアスレチックスのフランチャイズとして日本の野球ファンにも知られていた。

 それから時が経ち、アスレチックスの名を再び目にするようになったのは、2011年に上映された『マネーボール』。その内容は、経営危機に瀕した球団をやりくり上手のGMが低予算で再建するという話。しかし、そのやりくりも巨大資本を擁する隣町のサンフランシスコ・ジャイアンツやロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキースといった、いわゆる"ビッグ・マーケット球団"の前に後塵を拝することが多くなり、近年は低迷が続いている。

 チームが弱くなれば、かつては強さの象徴であったホームグラウンドも貧相に見えてくる。実際、ボールパーク仕様の新しいスタジアムが各地で建設されるなか、1966年に建てられた収容約3万5000人のオークランド・コロシアムはその名のとおり、古代ローマの遺跡を思わせるかのように老朽化が進んでいる。

観客動員数が5000人を下回ることも珍しくないアスレチックスの本拠地オークランド・コロシアム観客動員数が5000人を下回ることも珍しくないアスレチックスの本拠地オークランド・コロシアムこの記事に関連する写真を見る

【MLB屈指の不人気球団に】

 2019年以来、ネーミングライツもついていないのは、広告価値を見出せなくなっているからだろう。移転を再三ちらつかせる球団を前に、オークランド市もベイエリアに新球場を建設する計画をぶち上げたが、それをあと押しするはずの市民が「ノー」を突きつけ、頓挫することになった。

 世界のトップリーグであるMLBの球団でありながら、観客動員数は年々減少。昨シーズンの1試合あたりの観客動員数はMLBで唯一1万人を割り込み、日本の12球団すべてを下回るどころか、メキシカンリーグのティファナ・トロスにまで抜かれる有様である。こんなチームに税金を使われることに、オークランド市民が手を挙げることはなかった。

1 / 4

プロフィール

  • 阿佐 智

    阿佐 智 (あさ・さとし)

    これまで190カ国を訪ね歩き、22カ国で野球を取材した経験をもつ。各国リーグともパイプをもち、これまで、多数の媒体に執筆。国内野球についても、プロから独立リーグ、社会人野球まで広くカバー。数多くの雑誌、ウェブサイトに寄稿している。2011、2012アジアシリーズ、2018アジア大会、2019侍ジャパンシリーズ、2020カリビアンシリーズなど国際大会取材経験も豊富。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る