2017.09.04

日米150勝に王手の田中将大。
ケガの功名で秋のヒーローになるか

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 あらためて、今後を楽しみにさせる投球内容だった。

 9月2日、ニューヨークでのレッドソックス戦で先発したヤンキース田中将大は、7回を投げて5安打1失点と好投。ア・リーグ東地区の首位を走るライバルを封じ込め、今季11勝目を挙げた。

レッドソックス戦で、日米通算149勝目を挙げた田中「特別、調子がいいボールはなかった。その中で、コースや高さを意識して投げ切ることができたのが大きかった」

 好調でなくとも、これだけのピッチングができたことは心強い。8月中旬に右肩炎症で故障者リスト(DL)入りしたものの、復帰後は3連勝を飾っている。その3試合ではすべて7イニングを投げ、直近の2戦はどちらも1失点と内容も文句なし。さらに特筆すべきは、今季を通じて悩まされてきた被本塁打がここ5試合で2本のみ、直近の2戦ではゼロと減少傾向にあることだ。

 2日のレッドソックス戦でも、2回には5番のハンリー・ラミレス、4回には3番のムーキー・ベッツに大飛球を打たれたが、打球はフェンス手前で失速した。いずれもコントロールミスを運ばれたものだが、それでもフェンスを越されることはなかった。