2022.07.26

怪童、浅野翔吾(高松商)が清原和博の高校本塁打記録にあと1本。「プロでスイッチヒッターも」とスカウト大注目

  • 寺下友徳●取材・文 text by Terashita Tomonori
  • photo by Terashita Tomonori

高校通算63本塁打を放っている世代屈指のスラッガー、高松商主将の浅野翔吾(中央)高校通算63本塁打を放っている世代屈指のスラッガー、高松商主将の浅野翔吾(中央) この記事に関連する写真を見る  8月6日に開幕する夏の甲子園出場をかけた地方大会もいよいよ大詰め。春九州王者の神村学園(鹿児島)、夏V7度の中京大中京(愛知)など強豪校が各地で敗退するなか、四国・香川大会では、ドラフト有力のスラッガーが主将を務める名門校が順調に決勝戦へ勝ち上がった。

 そのスラッガーの名は、高松商の中堅手・浅野翔吾(3年)だ。171センチ86キロの小兵だが、50メートル走は5秒9の俊足、遠投は115メートルの強肩、高校通算63本塁打の強打を兼ね備える高卒最注目の野手である。昨夏は甲子園で本塁打も放ち、確かな爪痕を残した浅野は、集大成の「最後の夏」をどのように闘っているのか。現在地に迫りたい。

負傷や厳しいマークにもがいた時期を経て

 浅野は、高松商入学当初からフリーバッティングで場外弾を連発。1年秋の四国大会では、高知・森木大智(現・阪神タイガース)から3安打を放つなど早くから頭角を表し、ここまで清原和博氏の高校通算本塁打記録64本にあと1本に迫っている。

「あれは理想的なバッティングでした」

 本塁打を連発した同郷の香川県出身、中西太氏(元・西鉄ライオンズ)以来の「怪童」とも称される浅野がことあるごとに話す「忘れられないアーチ」があるという。

 それは2021年夏、甲子園での3回戦、智辯和歌山(和歌山)戦6回裏に放ったソロ本塁打。のちに優勝投手となる中西聖輝(現・青山学院大)のスライダーに対し、「バットがしっかり振り抜けた」と言う一打は、打った瞬間にそれとわかる弧を描いて左翼席へ。高校通算36号を放ったその時、浅野は全国区にスケールアップした。

 しかし、この一打は同時に彼と高松商を苦しめる一因にもなる。浅野が主将となった新チームは昨秋、県大会準々決勝で英明に夏決勝戦のリベンジを果たされ、2対3と敗戦。浅野自身は2打数1安打1打点の一方、3四死球と厳しいマークに屈した。

 さらに今春は県大会中の練習で負傷し、準決勝以降をやむなく欠場。3対13と惨敗に終わった英明との決勝戦は、ベンチ最前列でチームメイトを鼓舞しつつ、目を赤くする浅野の姿があった。その後、四国大会では戦列に復帰するも本調子とはほど遠かった。この時期、スカウト陣からは、「無理してコンディションやフォームを崩しても困る」という声が多く聞かれた。

 浅野はもがき続けていた。