2022.07.22

トヨタ自動車の「スライダーを捨てた男」が都市対抗で圧巻投球。アクシデント降板もドラフト上位候補に急浮上

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 人は何かを得ようとする時、何かを捨てなければならないことがある。

 今や球界を代表するクローザーとなった栗林良吏(広島)は3年前、トヨタ自動車に入社直後に「スライダー」を捨てた。先輩捕手の細山田武史(現・コーチ)からこんなアドバイスを受けたからだ。

「このスライダーじゃ、社会人のバッターは振ってくれない。曲がりが大きすぎて、変化するタイミングが早いんだよ」

 細山田はDeNAなどでプレーした元プロ野球選手。その言葉は栗林に響いた。以来、栗林は一番の自信のあったはずのスライダーを封印する。

 名城大時代の栗林は、プロ志望届を提出しながら指名漏れを経験していた。指名を検討していた球団もあったが、3位以下の指名なら社会人に進む「順位縛り」を設けたことがネックになった。

 だが、結果的にトヨタ自動車に進んだことで栗林の野球人生は上昇気流へと乗っていく。スライダーの代わりにカーブやフォークを磨き、2年間で力をつけてドラフト1位指名を勝ちとった。プロ入り後の華々しい活躍は今さら説明不要だろう。

都市対抗初戦で好投したトヨタ自動車の吉野光樹都市対抗初戦で好投したトヨタ自動車の吉野光樹 この記事に関連する写真を見る

都市対抗で4回7奪三振の快投

 今年、そんな偉大な先輩に続こうとしている存在がいる。

 吉野光樹──上武大から入社して2年目の右投手である。なお、高校時代は九州学院高に在学し、村上宗隆(ヤクルト)は1学年後輩だった。ただし、高校では腰の故障に泣き、エースではなかったという。

 身長176センチ、体重78キロの中肉中背ながら、今年に入って急成長してきた。藤原航平監督はその成長に目を細める。

「強いボールを投げられるようになって、(ストライク)ゾーンで勝負できるようになりました。無駄なフォアボールが減って、すごく成長を感じます」

 7月19日、都市対抗野球大会の初戦・日本製鉄かずさマジック戦で、吉野は先発マウンドに上がっている。

 メインで使う球種は3種類。最速150キロに達する好球質のストレート、打者の目線を上下動させる変化量の多いカーブ、そして130キロ台で落ちるフォークだ。吉野は4回までかずさマジック打線にヒットを1本も許さず、7個の三振を奪う鮮烈な投球を展開した。