2022.07.27

スカウトが「素材はすばらしい」と称賛。北陵のドラフト候補左腕・石橋駿は強気な面持ちとクレバーな投球でギャップも魅力

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 佐賀・みどりの森球場にズム、ズム、ズム......と重低音のビートが刻まれる。北陵の2番打者・投手の石橋駿(いしばし・しゅん)が打席に入ると、韓国のアーティストグループ・BIGBANGの『BANG BANG BANG』のイントロ部分が流れた。吹奏楽ではなく、テクノの音源が高校野球の応援に使われる光景はシュールだった。

 佐賀大会は吹奏楽部の生演奏がなく、事前に録音した音源をスピーカーから流す応援形態になっている。スタンドで応援している部員に聞くと、選曲は石橋のリクエストだという。

 見るからに気が強そうな顔立ちといい、個性的な選曲といい、我が強い武闘派の人物像を思い描かずにはいられなかった。

最速143キロを誇る北陵の左腕・石橋駿最速143キロを誇る北陵の左腕・石橋駿 この記事に関連する写真を見る

最後の夏は準々決勝敗退

 そんな石橋はこの夏、潜在能力の高い左投手としてドラフト候補に急浮上している。視察に訪れたDeNAアマスカウトグループ長・八馬幹典スカウトはこう評価した。

「ハマった時のボールの質はよかったです。まだ再現性が低く、同じフォームで投げられないところはありますが、素材はすばらしいです」

 最速143キロとドラフト候補としては突出した数字はないが、指にかかったボールは数字以上のスピード感と球威がある。今年1月までは身長177センチ、体重72キロと細身だったが、約半年経った今は身長180センチ、体重80キロとたくましくなった。野球選手として伸び盛り、しかも大きなスケールを感じさせる好素材なのだ。

 そもそも「北陵」という高校名に馴染みの薄い野球ファンも多いだろう。

 2000年までの旧校名は佐賀中央工。唐津西、佐賀東、佐賀工で指揮を執った吉丸信前監督を慕って選手が集まり、専用グラウンドなど環境面も整った。吉丸氏が体調不良もあって勇退後は、明豊などで指導歴のある浦田豪志監督が就任。今年5月末には、夏の前哨戦であるNHK杯県高校野球大会で初優勝を飾っている。プロスカウトから注目されるのは石橋だが、エース番号をつけるのは同じく最速140キロを超える長身右腕の眞木凛太郎である。