秋田にドラフト候補の右腕トリオあり。
大型長距離砲2人も見逃せない

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan sports

 昨秋の県優勝を果たした能代松陽は、左の強打者である森岡大翔と体重3ケタの右の長距離砲・山田柊斗が中心選手。

 そして、昨夏の代表となった秋田中央の新堀文斗は、走攻守三拍子がそろうリードオフマン。一番・ショートで出場した昨夏の甲子園では無安打で実力を示せなかったが、そのプレースタイルには将来性を感じる。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る