2020.06.29

内田理央さん、ドライバーショットで開眼。力を抜くことの大切さを知る

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第12回 練習場でドライバーを打つ

ここまでのレッスンページ一覧はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦! 6カ月でコースデビューを目指します。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。第12回もゴルフ練習場でのレッスンです。今回はドライバーショット。たくさん練習しながら、真っ直ぐ飛ばすポイントを学びます。

↓【動画】練習場でドライバーを打つ

ティーは、フェースよりボールが半分出る高さに調整

内田理央(以下内田)今回はドライバーということで、前回よりも飛ぶのかなと?

関浩太郎(以下関コーチ)はい。うまく当たったら、ネットにズバッとボールが行きますから。

内田 行きたいですね~!

関コーチ いい感じになると思いますよ。それで、これが実際のドライバーです。長いですよね。

内田 そうですね。

関コーチ あとは、アイアンと違ってこのようにカバーが被さっています。

内田 このカバーは、普段からするものなんですか?

関コーチ そうです。アイアンの場合は、アイアン同士がカチカチ当たっても、剥げないんです。ただ、ドライバーのヘッド部分は塗装されているので、車のボディと一緒なんです。カチッとぶつけると塗装が剥がれちゃいます。

内田 傷がついちゃうんだ。

関コーチ ですから、基本的にアイアンにはカバーは被せませんけど、ドライバーは打つ時以外は、必ずカバーをかけておいてください。

内田 わかりました。

関コーチ それと大事なのはティーの高さです。ちょっと構えてみてください。ボールはフェース面から半分出るくらいがいいです。

内田 これは今はピッタリくらいですか?