2016.12.09

【月報・青学陸上部】箱根の
エントリー発表へ。16名は誰なのか?

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kyodo News

極私的! 月報・青学陸上部 第19回

前回の記事はこちら>>


「いつも通りの調整をすれば、結果はついてくる」。原晋監督の自信は揺るがない  いよいよ10日、箱根駅伝の16名のエントリーリストが発表される。そのメンバーから、最終的に10名が区間エントリーされ、箱根を駆けることになる。

 箱根3連覇を狙う青山学院大学のメンバーは、果たしてどんな面子になるのだろうか、発表前に予想してみたい。

「箱根駅伝のメンバー選考は、世田谷ハーフマラソン(11月13日)と学連10000m挑戦記録会(11月26日)の成績が大きなポイントになります。この2つのレースで成績がよかった選手が当然、メンバーに入ってくるでしょう」

 原晋監督は、そう言った。

 2つの大会ではタイムや順位を見るのはもちろん、ここにきて調子が上がってきた選手、あるいは故障や不調気味だった選手が箱根を走れるレベルにまでに達しているのか、それを見極めるための大会とも言えよう。

 その2つのレースに加え、富津の選抜合宿(12月3日~7日)での状況、さらに出雲駅伝、全日本大学駅伝の結果などを踏まえてのメンバー選考になるのだが、まず主力として外せない絶対的な選手がいる。

 それが、この8人だ。
          
 安藤悠哉 (4年) 
   出雲(5区) 全日本(4区)

 一色恭志 (4年) 
  出雲(6区) 全日本(8区)

 茂木亮太 (4年) 
  出雲(4区)

 下田祐太 (3年) 
  出雲(3区) 全日本(1区)

 田村和希 (3年) 
  出雲(2区) 全日本(2区)

 小野田勇次(2年) 
  全日本(5区)
 
 森田歩希 (2年) 
  全日本(6区)