2016.12.23

【月報・青学陸上部】コーラ、アイス、
お菓子断ち。箱根までの調整法

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

極私的! 月報・青学陸上部 第20回

前回の記事はこちら>>

 青山学院大学陸上部壮行会――。

 大学の昼休みを利用してガウチャー記念礼拝堂前で箱根駅伝を走る陸上部の壮行会が行なわれた。原晋監督と16名の選手が壇上に立ち、安藤悠哉キャプテンを筆頭にそれぞれが名前と学部、箱根駅伝への抱負を述べ、最後はカレッジソングで締めた。

壮行会で抱負を語った原晋監督と選手たち
 壮行会が終わり、普段着に着替えた選手が控え室から続々と出てくる。いつも見ているのはジャージ姿だが、私服はそれぞれ個性があり、新鮮だ。

 選手は、普段通りの練習をこなし、箱根駅伝当日にピークを持っていくように調整している。練習をこなす以外に選手それぞれの調整方法があるのだが、小野田勇次(2年)はユニークな”自己流”を教えてくれた。

「僕の箱根1週間前の調整は、お菓子とコーラをやめることです」

 アスリートっぽくない回答に思わず笑ってしまったが、本人はいたって真剣だ。そう言えば鈴木塁人(1年)も「箱根前は大好きなアイスを控える」と言っていた。

「箱根を走る時は体重が気になりますし、本番まで規則正しい生活を送るためというのもあります。余計なもんを食べなければ体重が落ちていくので、事前の調整はもっぱらそれだけですね」(小野田)

 たぶんクリスマスの翌日から1.5L のペットボトルが冷蔵庫から消え、箱根モードへ切り替わるのだろう。しかし、普段はほぼ毎日、コーラを愛飲しているという。

「朝のコーラが一番おいしいです。あと練習後ですね。夏合宿の時はポイント練習が終わったら必ず飲んでいました。コーラがない時は、この前の富津合宿ではCCレモンで、ファンタの時もあります。正直、自分の食生活ヤバいです。でも、やめられない。コーラとポテトチップスを食べながらテレビ見ているのが自分にとって至福の時なんです(笑)」