2021.09.05

ゴールボール女子は銅メダルを獲得。年間200日の合宿で得た深い信頼と絆

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 東京2020パラリンピックも終盤の9月3日、ゴールボールは幕張メッセ(千葉市)で男女3位決定戦が行なわれ、女子日本代表が同ブラジル代表を6-1で破り、銅メダルを獲得した。2012年ロンドン大会の金メダル以来、2大会ぶりのメダル獲得となった。トルコが大会2連覇を飾った。

銅メダルを手に笑顔を見せたゴールボール女子チームと市川監督銅メダルを手に笑顔を見せたゴールボール女子チームと市川監督  前回リオ大会での5位から女王返り咲きを目指して強化をしてきたチームにとって、手にしたメダルの色は5年間の強化の日々がすべて報われる色ではなかったが、チームは確かな進化と強さを示した。

「目標とした金メダルには届かず悔しい思いはあるが、銅メダルを手にできて、最低限、ひとつの結果を残せたと思うし、支えてくれた多くの方々に少しは恩返しになるかと思う。コロナ禍のなか、パラリンピックという舞台に立たせていただけたことに感謝している。金メダルを目指して3年後のパリに向けてまた強化したい」

 天摩由貴キャプテンの大会後のコメントはチーム皆の思いだ。

 今大会、銅メダルまでの道は決して平坦ではなかった。5チームずつ2組に分かれたグループリーグの初戦は、リオで金メダルのトルコに1-7で敗れ、黒星発進。久々の国際大会という緊張感も強く、固さが目立った。

 2戦目のブラジル戦も終盤までリードしながら追いつかれ、4-4で引き分けた。つづくエジプト戦は10-0、アメリカ戦も3-2と連勝して決勝トーナメントに進出。準々決勝のイスラエル戦は4-1で勝利したが、準決勝で再び顔を合わせたトルコに善戦するも5-8で敗れて、3位決定戦に回っていた。