2021.09.05

車いすテニス・国枝慎吾が涙の金メダル。自信をよみがえらせた試合とレジェンドからの言葉

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 植原義晴●写真 photo by Uehara Yoshiharu

「マッチポイントの瞬間も、勝利の瞬間も、覚えていないんです。それくらい興奮したし、一生分泣きました。本当に信じられない、の一言です」

自国開催という大きなプレッシャーがかかる中、金メダルを奪還した国枝慎吾自国開催という大きなプレッシャーがかかる中、金メダルを奪還した国枝慎吾  圧巻のパフォーマンスの先に待っていたのは、自分自身に打ち勝った喜びの涙だった。

 東京2020パラリンピックの車いすテニス男子シングルス決勝が4日、有明テニスの森で行なわれ、第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が、第8シードのトム・エフべリンク(オランダ)を6-1、6-2のストレートで下し、2大会ぶりの金メダルを手にした。前回リオ大会では3連覇を期待されながら肘の不調で準々決勝で敗退。あれから5年、復活に向けて壮絶な努力を重ね、再び栄光の場所に戻ってきた。

 第1シードの国枝は、トーナメントの2回戦が初戦。準決勝ではリオ大会金メダリストのゴードン・リード(イギリス)をストレートで下して、決勝に駒を進めた。一方、エフべリンクは、強打を武器に準決勝で優勝候補の一角である第2シードのアルフィー・ヒューイット(イギリス)を撃破。3度目のパラリンピックで初めてファイナルに進んだ。

 ここまでの通算対戦成績は国枝の9戦全勝。勝利のカギとなるのは、エフべリンクの強烈なサーブの攻略だ。国枝を含め、男子トップ選手のファーストサーブは130キロ台が多いが、彼は140キロ、150キロ台をバンバン打ってくる(ただし、フォルトも多い)。

 この日も第2セット第1ゲームの1本目で最速の「174キロ」をマークした。対して国枝は「僕の武器はサービスリターンのミスの少なさと、そこからの攻撃力」と言うように、球筋を見極めて確実に相手コートに返し、ラリーへと持ち込んでポイントを重ねていった。