2021.09.07

新競技パラバドミントンでメダルラッシュ! 里見紗李奈が単複二冠で初代女王に

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 植原義晴●写真 photo by Uehara Yoshiharu

 東京2020パラリンピックの新競技、パラバドミントンで日本代表が躍動した。大会後半の9月1日に初日を迎え、最終日までの5日間で金メダル3、銀メダル1、銅メダル5個を獲得。採用決定から競技環境の整備と強化に力を入れてきた成果が発揮され、日本の強さを世界に発信した。

ダブルスでも金メダルを獲得した里見紗李奈とペアを組んでいる山崎悠麻ダブルスでも金メダルを獲得した里見紗李奈とペアを組んでいる山崎悠麻  パラバドミントンの関係者にとって、パラリンピック競技に採用されることは長年の目標だった。大会が始まり、パラリンピックの運営には多くの人が携わり、サポートしていることを改めて知ることとなり、選手は感謝の気持ちを述べるとともに、歴史的なスタートの舞台に立てたことを「誇りに思う」と口をそろえた。

 金メダル第1号は、女子車いすWH1の里見紗李奈(NTT都市開発)。シングルス準決勝では、予選で敗れた尹夢璐(中国)をストレートで下してリベンジを果たす。決勝では、実力者のスジラット・ポッカム(タイ)と対戦。序盤はショットが甘く入り、ポッカムに先行を許して第1ゲームを落としてしまう。第2ゲームも9連続失点で逆転されるが、「がむしゃらに、泥臭くやっていこう」と切り替えて、ゲームカウント1-1に戻した。ファイナルゲームはその流れをキープ。最後まで粘りのプレーでポイントを重ね、初代女王に輝いた。

 現世界1位(里見)と元世界1位(ポッカム)の戦い。「コーチから、2人の実力はほぼ同じ。ここまで来たら『勝ちたいという気持ちが強いほうが勝つんだよ』と言われて、その通りだと思った。自分で声出しをして、気持ちを盛り上げてからは、プレーがよくなっていった」と振り返る。

 相手のポッカムは、里見が2017年に競技を始めた時からトップで活躍する憧れの選手。2019年の世界選手権決勝で初めて里見に黒星を喫している。普段は気持ちの抑揚をあまり前に出さないタイプだが、この日は異なり、大きな声を出して自分を鼓舞。その姿を見て、里見は「私のことを意識しているのかなと思うと、すごくうれしかった」と受け止めた。