2021.09.04

車いすテニス・上地結衣が銀メダルに涙。心の支えになった親友と前日に送られてきたエール

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 植原義晴●写真 photo by Uehara Yoshiharu

 目指していた金メダルにはあと一歩、届かなかった。しかしパラリンピックの頂上決戦にふさわしい、すばらしい戦いだった。

 車いすテニス女子シングルス決勝が3日、有明テニスの森で行なわれ、第2シードの上地結衣(三井住友銀行)は第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)に3-6、6-7で敗れた。

決勝の舞台で、最後まで攻めのプレーを続けた上地結衣決勝の舞台で、最後まで攻めのプレーを続けた上地結衣  相手はショットの質も、パワーも戦略も、抜きんでている世界ランク1位の女王。今季の四大大会も3戦全勝だ。「迷わずに打たれるとかなり手ごわい相手。少しでも考えさせるようなプレーが必要」と、上地は序盤から丁寧に深いコースにボールを打ち分け、上から叩かれないよう低い弾道のショットを狙った。しかし、デ グロートは冷静に対応し、隙を見せない。上地の攻撃のリズムに少しずつズレが生じ、思うようにポイントが取れず、第1セットを落とした。

 第2セットも我慢の展開が続くが、ゲームが大きく動いたのは3-5と後がない場面から。一段ギアを上げたかのような高い集中力で、上地は第9ゲームで2度、続くゲームでも4度のゴールドメダルポイントをしのぎ、6-5と逆転。次のゲームは落としたものの、タイブレークまで持ち込んだ。一球に魂を込めるように返球していくが、相手のサーブもショットも威力は落ちず、最後は力尽きた。

「要所でプレーの展開を変えたり、やるべき時にやるべきことはできた。これまで負けていた展開とは違ったと思うし、彼女の存在が自分を上のレベルに押し上げてくれたと思う」と、ライバルに感謝する。一方で、「最後は粘れたけれど、そこから相手を突き放すだけの能力が足りなかった」と上地。1時間45分の激闘から成長と課題を得た。

「試合の後に彼女から『いいプレーだったよ』と言ってもらったけど、自分は『ありがとう』より『悔しい』って感じました」と話すと、涙を流した。