2017.12.05

高梨沙羅、3戦目でようやく3位も
、ライバル出現に「ワクワクする」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

 12月3日にノルウェーのリレハンメルで開催された、ノルディックスキー・ワールドカップ・ジャンプ女子第3戦のラージヒル。3位で表彰台に上がった高梨沙羅(クラレ)は、「ホッとしたというより、やっぱりやることはまだまだあるという感じ。ただ、大きな刺激をいただいたので、それを力に変えて次からはがんばっていきたいと思います」と話した。

初戦から厳しい戦いとなった五輪シーズンの幕開けも、笑顔が見られた高梨沙羅 シーズン開幕戦(12月1日)と2日目(12月2日)のノーマルヒル2戦は、微妙な風の条件もあって、ともに4位。昨季は開幕から7戦連続で表彰台に上がり、17戦9勝で4度目のW杯総合優勝を果たしている実績から見れば、3試合目での初表彰台は遅すぎるものだった。

 11月30日の公式練習では1本目に低い飛び出しからヒルサイズ(98m)超えの101.5mを飛び、相変わらずの強さの片鱗を見せたが、2本目が92mと伸び悩むと、予選も92.5mで2位通過。昨季のW杯では4勝して総合3位の実績を持つマーレン・ルンビ(ノルウェー)に後れをとった。

「このジャンプ台は強い追い風や横からの風も吹きますが、それは私だけの問題ではないので……。ここはR(ジャンプ台の傾斜度が変化する部分)が独特で、体を押さえつけられるGを感じにくく、1本目はまだよかったけど、2本目と3本目はRをうまく乗り越えられなくて、踏み切るタイミングが遅れてしまった。空中で左のスキーが上がってこない感じで姿勢がねじれてしまい、それがもったいないと思いました」