2017.12.02

45歳の葛西紀明、
W杯で失速ジャンプ続きでも「余裕の表情」なわけ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

ジャンプ界の第一線で飛び続ける葛西紀明 11月24日に行なわれたワールドカップ第2戦のルカ大会、ラージヒル個人の予選で、葛西紀明(土屋ホーム)は、82mという大失速のジャンプで64位に終わり、上位50名が進める本戦への出場を逃した。競技後の葛西の第一声は、「何よ、この台は!」だった。

 その予選に先立ち、午後3時半過ぎから行なわれたノルディックコンバインド(複合)個人ラージヒル5kmのジャンプは、秒速0.63mの追い風から1.39mの向かい風にクルクル変わるだけではなく、ウインドファクターには現れない巻いた風も吹く荒れた展開だった。

 そのあとで始まったジャンプの公式練習2本を飛んでからの予選も、同じような条件が続く。前戦のポーランド・ヴィスワ大会では2本目のジャンプに進めなかった葛西は、ルカの荒れた条件に不安を抱いていた。