2017.11.30

久嶋以来の快挙なるか。大鵬3世が
高3で「アマ相撲日本一」に挑む

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

“大鵬3世”がアマチュア相撲日本一に挑む。

 12月3日、両国国技館で行なわれる「全日本相撲選手権」には、「全国学生選手権」で学生横綱に輝いた日本大4年の中島望ら、2017年のアマ相撲で好成績を残した68選手が参加予定だ。そんな最高峰の大会に、埼玉栄高3年の納谷幸之介(なや・こうのすけ)が出場する。

愛媛国体(少年男子)で、個人と団体の2冠を達成した納谷 祖父が昭和の大横綱・大鵬で、父が元関脇・貴闘力。まさに最強の遺伝子を持つ納谷は、10月の愛媛国体の少年男子個人で優勝し、全日本選手権の出場権を獲得した。卒業後は、祖父が興した「大鵬部屋」の流れを汲む「大嶽(おおたけ)部屋」への入門が決定している。高校生活の集大成となる大会を前に、「やることはやってきたので、それだけを出せるようにしたい」と力強く語った。

 今年で66回目を迎える全日本選手権。過去に高校生で優勝したのは、32回大会(1983年)の当時、新宮高3年だった久嶋啓太(後の幕内・久島海=先代の田子ノ浦親方)ただひとり。43回大会(1994年)で鳥取城北高3年の田宮啓司(元大関・琴光喜)が準優勝、34回大会(1985年)の明大中野高3年・齋藤一雄(現日体大相撲部監督)と、53回大会(2004年)の埼玉栄高3年・澤井豪太郎(現大関・豪栄道)が3位に入ったのみだ。