2017.12.12

よじ登れ! 馬場ふみか!
「人生は重力と壁。生きるのって大変だ」

 text by Sportiva
山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita
八戸亜希子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
衣装協力/ニューバランス

体と対話するエクササイズ(6)ボルダリング編

 昨年は1年を通してランニングを練習し、今年の1月にマウイ島でハーフマラソンを完走した馬場ふみかさんが、今度は様々なスポーツや、エクササイズを体験していくシリーズ連載。ボルダリング体験の最後は、初心者の馬場さんにとって、ちょっと難関な壁に挑戦する。腕の疲労も溜まってきているなかで、果たしてどこまで登ることができたのか。
(前回の記事はこちら>>)

 前回、前傾壁(オーバーハング)に挑戦して見事登り切った馬場さん。ひとつ難易度の上がった壁は、前回の登りにくさに加えて手だけでなく、足も決められたホールドに置かなければならない。まずはインストラクターの石山晃さんのお手本を見せてもらうと、「簡単そうに登ってるように見えますが……どうでしょう」と不安げな馬場さん。

 見た目からして登りにくそうな、黄色の箱のような出っ張りが阻む。また、前回までのようにすべてのホールドが掴みやすいわけではなく、指の掛からないつるんとしたホールドも混ざってくる。