宇野昌磨の引退で鍵山優真が担う日本男子トップの自覚「世界選手権で優勝を狙う」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【鍵山優真は静かな曲を技術で魅せる】

 6月28日〜30日、KOSE新横浜スケートセンターで開催された『ドリーム・オン・アイス2024』。

 照明全灯で6分間練習もある競技会形式で行なわれたこのアイスショーで、鍵山優真(21歳/オリエンタルバイオ・中京大)が披露した新ショートプログラム(SP)は、彼の身体のなかにある"踊りたい気持ち"を抑えたプログラムだった。

『ドリーム・オン・アイス』で新SPを披露した鍵山優真『ドリーム・オン・アイス』で新SPを披露した鍵山優真この記事に関連する写真を見る

「振り付けのローリー・ニコル先生が、『The Sound of Silence』は『ユウマの静かなエッジワークと合うんじゃないか』と言ってくださり、この曲を選んでもらいました。前半は本当に静かな感じ。

 目の前にいる観客の人たちは僕のエッジの音が聞こえると思うんですけど、静かに滑っていく曲なので、僕の技術で最大限に見せないと平坦なプログラムに見えてしまうところがすごく難しい。もっともっと頑張らなければいけないと思います」

 鍵山がそう話す『The Sound of Silence』の演技。出だしは、持ち前のスケーティング技術を活かした丁寧な滑りだった。

 ショー2日目の昼公演では、4回転サルコウ+2回転トーループにし、同日夜の公演では単発の4回転サルコウに。伸びのあるつなぎ滑りのなかで、昨季の四大陸選手権からフリーに入れた4回転フリップを跳び、3回転トーループをつける連続ジャンプにした。

「4回転フリップを今季のショートに入れるかどうかはまだわからないけど、『ドリーム・オン・アイス』を通して、これからできるのかどうかという手ごたえをしっかり感じていきたいなと思って挑戦してみました」

 続くフライングシットスピンのあとのつなぎは、感情がたっぷりとにじみ出た滑りだった。そのあとは、トリプルアクセルも確実に決め、キレのあるステップシークエンスを滑り、最後のチェンジフットコンビネーションスピンは足替えのあと、逆回転をする挑戦を見せた。

 ノーミスの演技に鍵山は、小さなガッツポーズも見せた。

1 / 4

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る