坂本花織はタンゴで表現を磨く「一番直さないといけないのは...」 千葉百音、島田麻央も新曲で躍動

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 6月28日〜30日にKOSE新横浜スケートセンターで開催された『ドリーム・オン・アイス2024』。

 今回は、照明を全点灯し、6分間練習もある試合形式で行なわれた。他のアイスショーと差別化を図るとともに、2004年初開催時の主旨でもあった「演技披露の機会をつくることで、選手の強化・育成の手助けになれば」という意図をより鮮明にした変更だった。

【激しいタンゴで魅せた坂本花織】

 昨季、世界選手権3連覇を果たした坂本花織(24歳/シスメックス)は、競技用プログラムでは初のタンゴを使用したショートプログラム(SP)の『Resurrection del Angel / La muerte del Angel』を披露した。

『ドリーム・オン・アイス2024』でタンゴの新SPを披露した坂本花織『ドリーム・オン・アイス2024』でタンゴの新SPを披露した坂本花織この記事に関連する写真を見る

「(プログラムの)前半のしっとり表現する部分は、昨シーズンのプログラムで得た経験を活かし、テンポが速くなる後半は自分らしい力強さを出そうと思いました。

 今回はリンクがちょっと小さかったけれど、試合の大きさになればスピード感も活かしたプログラムになっていると思うので、そこを見てほしい。

 やることが特に難しいというわけではないですが、タンゴは競技では初めてなので、(2026年の)五輪までの挑戦の一部かなと思うので楽しいです」

 こう話した坂本。公演2日目(6月29日)の演技では、ヘビーでスローな曲調のなか、大きな動きで余韻を持たせるように滑り出し、イーグルからそのままダブルアクセルをしっかり決め、そのあとは3回転ルッツを跳んだ。

 そして、フライングキャメルスピンとコンビネーションスピンのあとは、ステップとも思わせるようなつなぎの滑りをすると、3回転フリップからの連続ジャンプ。ステップシークエンスも重量感があり、キレのいい激しい踊りを見せ、最後はレイバックスピンで締めた。

1 / 4

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る