18歳千葉百音が世界フィギュアの表彰台候補へ急成長! 武器は度胸のよさと伸びやかな滑り

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi

四大陸選手権で初優勝を飾った千葉百音四大陸選手権で初優勝を飾った千葉百音 2月頭に開催された四大陸選手権で、千葉百音(18歳/木下アカデミー)が自己ベストを大幅に更新する214.98点で優勝した。昨季、四大陸選手権優勝から世界選手権2位と飛躍したイ・ヘイン(韓国)と同じ道をたどるように、千葉も3月の世界選手権へ向け、ダークホースからメダル候補になったと言える。

【不調に自信を失ったシーズン前半】

 のびのある滑りと安定したジャンプで期待されていた千葉。昨年、拠点を仙台から京都に移し、木下アカデミーに所属してレベルアップに臨んだが、今季の前半戦は苦しんだ。初挑戦のグランプリ(GP)シリーズは初戦のスケートアメリカで6位、第2戦のフランス杯は9位で得点は164.76点。

 テンポの速い曲のショートプログラム(SP)は、少しもたつく雰囲気があり、フリーでも滑りが小さくなったように見えた。前年の四大陸選手権で、204.98点を出した時ののびやかさはなかった。

 だが、昨年12月の全日本選手権で滑りは一変。当時、千葉はこう話していた。

「不調続きで試合ではなかなか結果を出せなかったけど、フランス杯が終わってからは、全日本しかないという気持ちで練習に臨んできたので、自然に背水の陣になったというか、そういう状況で体調も崩れることなく、練習を詰めていけたのが調子を上げられた理由になったと思います」

 全日本SPは、ノーミスの滑りで68.02点を獲得して3位発進。フリーも終盤のわずかなミスだけに抑え、非公認ながらも当時の自己最高を上回る合計209.27点で、坂本花織に次ぐ2位。世界選手権代表に選出された。大躍進の背景を千葉はこう説明した。

「京都に来てから、練習をしていると少し息が苦しいなと思っていたけど、体力がないからかなと考えていたんです。でも、フランス杯のあと、苦しすぎるから病院に行ってみたら、『運動誘発性ぜんそく』と診断されました。その治療を始めると苦しさが軽減され、気持ちもラクになった。それで調子も上がってきました」

 結果が出せない時期は、「移籍が間違いだったのか」と不安になることもあったという。それでも千葉は、「自分で決めた以上、この選択が間違いではなかったという結末にしたいと思って頑張れました」と話す。

1 / 3

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る