本田真凜がプロデビューで語ったショーへの特別な思い「お客さんに楽しんでもらうのが一番。これからのびのびできるかな」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

競技引退後初めてのアイスショー『プリンスアイスワールド』に登場した本田真凜競技引退後初めてのアイスショー『プリンスアイスワールド』に登場した本田真凜この記事に関連する写真を見る

【目標にしていた大ちゃんの演技】

 1月19日、東京都内のダイドードリンコアイスアリーナ。アイスショー『プリンスアイスワールド』東京公演の初日後、出演者たちの囲み取材がにぎやかに行なわれていた。小さな会見場は、集まった報道陣で立錐(りっすい)の余地もないほどだった。壇上は眩しいカメラライトを浴び、場内は熱気を帯びていた。

 競技の会見とは違い、誰もが表情は明るく穏やかだった。最後はミュージカル歌手・俳優の藤岡正明と島田歌穂のふたりが、高橋大輔と本田真凜のふたりに「点数がつく競技者とアイスショーなどで滑るプロの違い」を質問する展開で、話は盛り上がった。

「私が小さい時に、こんなふうに滑れるようになりたいって思っていたのが、大ちゃん(高橋)の『白鳥の湖』のヒップホップ(バージョン)で」

 本田はマイクを持って、同じ壇の横にいた高橋に視線をやりながら言った。

「それは競技の場ではありましたが、大ちゃんは採点とか失敗とかにとらわれず、最後までワクワクさせるような演技で。自分もできたらいいなって、ずっと目標にしてきました。何度も見てみたいって思うようなプログラムで。私の場合は、試合になると失敗したらどうしようと思ってしまったんですが、アイスショーはお客さんに楽しんでもらうのが一番なので。そこはこれから(プロとして)のびのびできるかなって思っています!」

 高橋のスケーティングは、たしかに競技を越えたスペクタクルだった。観客を楽しませながら勝利する領域にあったと言えるだろう。どの楽曲も、氷の上で生き生きとしていた。

 プロに転向した本田はこの日、初めての舞台に立った。あらためて、表現者としての境地に挑む。高橋は、その模範と言えるだろう。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る