2022.04.25

鍵山優真を育てた振付師・佐藤操が振り返る少年時代。合言葉は「誰よりも頑張ろう」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

佐藤操さんに聞く(前編)

 シニア2年目の2021-22シーズンに、グランプリシリーズ2連勝、全日本選手権3大会連続3位、北京五輪銀メダル、世界選手権2大会連続銀メダルと、輝かしい成績を残した鍵山優真。その飛躍の陰には、鍵山の隠れた才能を引き出し、世界のトップスケーターへと導いた振付師、佐藤操さんの存在があった。3年間にわたる鍵山選手との師弟関係の舞台裏を語ってもらった。

――佐藤操さんと鍵山優真選手はシニア転向までの3年間、選手とコーチ&振付師という関係で濃密なシーズンを送られたわけですが、シニアデビュー後の鍵山選手にどのような変化があったと思いますか?

「新型コロナウイルス感染の世界的流行の前と変わらない行動ができていたのは2020年2月の四大陸選手権(鍵山は3位)、3月初旬の世界ジュニア選手権(同2位)まででした。それからの約2年間、どれだけモチベーションを持って戦えるか、みんな大変だったと思います。そんななかで優真は、周りの応援もあったと思いますが、環境に左右されることなく、自分の目標に向かって強い意志で練習をやりきったのではないかと思います。

北京五輪での鍵山優真と父親の正和コーチ北京五輪での鍵山優真と父親の正和コーチ この記事に関連する写真を見る  頼もしくなってきたなと思えたきっかけは、やはり父親の存在だと思います。鍵山正和先生が2018年6月にご病気で倒れた時に、『いつも一緒にいてくれたお父さんが家にいない』と『いつも一緒にいてくれた先生がリンクにいない』と、ふたつの日常が同時になくなった。彼にとっては相当なダメージだったと思います。ひとり立ちということをすごく感じられました。

 私がスタッフとして関わるようになった頃、まだ子どもだった優真が一生懸命に練習しているのを見ていて、『僕もお父さんみたいになりたい』なんて言われたらうれしいだろうなと思って、鍵山先生に『幸せですよね、鍵山先生は』という話をさりげなく振った時に、鍵山先生が『上を目指すとどれだけ大変かを自分は経験している。そんな思いをしないでもっと楽しい人生を歩んでほしい』と。うれしさと心配の気持ちが半々なんだとおっしゃっていたんです。だからきっと親子の間で『いつかオリンピックに出たい』『そんな甘くないよ』みたいな話は常にあったと思います」