2021.12.24

村元哉中&髙橋大輔、転倒前にあった小さな異変。「ガッと緊張が上がってしまった」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

12月23日、全日本選手権リズムダンスで演技する村元哉中・髙橋大輔組12月23日、全日本選手権リズムダンスで演技する村元哉中・髙橋大輔組 この記事に関連する写真を見る  12月22日、全日本フィギュアスケート選手権開幕前日。アイスダンスの新星として"かなだい"と呼ばれる村元哉中・髙橋大輔組は、グランプリ(GP)シリーズ・NHK杯、ワルシャワ杯とパーソナルベストを更新してきたいい流れをつなげていた。

 曲かけ練習、リズムダンス(RD)の『ソーラン節&琴』の衣装を着たふたりは、氷の上で混ざり合うような調和があった。それぞれが赤と黒を基調にした衣装だが、そこに白も加えて襟(えり)や帯で色をシェアし、一体となったイメージを強くさせた。

「今シーズンは自信を得られる演技ができていて、全日本を迎えることができました」

 村元は気力に満ちた表情で語っていた。

「(帰国後の)隔離(生活)や先生(マリナ・ズエワ)が来られないとかあったんで、状況はベストじゃなかったですけど、できることをしっかりやってきて。(全日本選手権開幕前に)今はさいたまのリンクを見渡しながら、ワクワクすると言うか、いよいよ始まるんだなという感じです!」