2021.12.23

羽生結弦「腹をくくってここまで来ました」。全日本公式練習で4回転アクセルを着氷、他のジャンプも驚くべき進化を見せた

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

12月23日、全日本フィギュアの公式練習に臨む羽生結弦12月23日、全日本フィギュアの公式練習に臨む羽生結弦 この記事に関連する写真を見る  全日本フィギュアスケート選手権、12月22日の公式練習を欠場していた羽生結弦。23日の昼に行なわれた公式練習では、想像以上に仕上がっている姿を見せた。

 曲かけ練習はフリー『天と地と』。冒頭のジャンプはトリプルアクセルにし、続いて4回転サルコウを跳んで、トリプルアクセル+2回転ループ、そして3回転フリップへとつなぐ。だが、軽めにステップシークエンスをなぞって滑ったあと4回転トーループ+3回転トーループを跳び、滑りを止めた。「じつは提出した音源を間違えていたので、途中で止めました」と羽生は苦笑する。

 そのあとは周囲の状況をいろいろ確認するような素振りを見せながら、トリプルアクセルや4回転サルコウ、4回転トーループ+3回転トーループを跳ぶ。そして3連続ジャンプも試したあと、トリプルアクセル+3回転ループを3回繰り返した。昨季は2本目の4回転サルコウのあと、「風を感じさせたい」という意図で跳んでいたトリプルアクセルに両手をあげた2回転トーループの連続ジャンプ。それを今季のフリーでは、4回転ループを入れない分、トリプルアクセル+3回転ループにしようとの意図が見えた。

【「今日やるべきことはできた」】

 そして練習の終盤には、リンクを縦に滑ってタイミングが合わず跳び上がるだけにしていたアクセルを、跳ぶ位置を反対に移すと、4回転アクセルして手をつきながらも着氷した。

 2019年のグランプリ(GP)ファイナルや、昨季の世界国別対抗戦とは違い、スピードを抑えた4回転アクセル。回転不足で両足着氷ではあったが、転倒することなく立つ姿はあまり想像をしていなかったものだ。それを4回繰り返して転倒はなし。