2021.10.11

坂本花織が吐露した「大人の女性になりきれない」もどかしさ。大会優勝も「ボロボロでした……」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

近畿選手権フリー演技の坂本花織近畿選手権フリー演技の坂本花織 この記事に関連する写真を見る  10月10日、京都・宇治。フィギュアスケートの近畿選手権、坂本花織(21歳、シスメックス)はトータルスコア192.14点で優勝を飾っていた。実力を考えれば順当な成績だろう。ただ、本人の悶々とした表情がすべてを物語っていた。

 試合後のリモート会見、坂本はジレンマを感じているように映った。

ーーこのプログラムで、何を表現したいのか?

 そう質問を受けた彼女は、しばし黙ってしまった。その答えは明快で、新フリー『No More Fight Left In Me/Tris』は「女性の闘争、自由、解放」が根底にあり、それは本人も重々承知している。しかし、難しいテーマだけに簡単に本質までたどり着けない。そのもどかしさが出た。

「まとめて言うと"大人の女性"を表現することになるんですが......。でも、自分がなりきれていないところがあって、それをどう表現するのか。このプログラムのなかで、早く見つけないといけないと思うんですけど、どうやろ、んー、わからない、難しいです」

 素直な坂本は、胸中を吐き出した。物語や感情よりも、メッセージを伝えるプログラムだ。