2021.10.11

本田真凜、望結姉妹が語った絆。結果は不満でも「スケートはやめられない」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

約11カ月ぶりの競技会出場となった東京選手権での本田真凜約11カ月ぶりの競技会出場となった東京選手権での本田真凜 この記事に関連する写真を見る  全日本選手権出場を目指すための地域ブロック大会・東京選手権が、10月8日から10日まで、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで行なわれた。昨年11月のNHK杯以来、約11カ月ぶりの公式戦となった2016年世界ジュニア女王の本田真凜が、どんな演技を見せてくれるのか、注目が集まった。

 ショートプログラム(SP)では、冒頭に跳んだトーループの3回転+2回転の連続ジャンプと3回転ループは成功したが、最後の2回転アクセルは両足着氷の回転不足で大幅減点となった。だが、演技は「真凜らしさ」を見せた。映画『Mr.&Mrs.スミス』の音楽『アサシンズ・タンゴ』の、情感たっぷりの曲調に乗り、深紅と黒の衣装をまとった真凜が出だしの振りから見る者をぐっと引き込む滑りだった。

「約1年ぶりの試合で、もちろん緊張感はあったんですけど、久しぶりに落ち着いてできたんじゃないかなと思っています。昨年に比べて練習時間も増えていて、しっかり練習自体はできていました。ですけど、試合が近づいてくるにつれて、1カ月前にできていたものができなくなり、調子の悪い自分に戻りつつあるなか迎えた試合でした。すごく不安があったんですけど、久しぶりの試合で自分らしいというか、自分のよさを生かして滑ろうと(気持ちを)切り替えてできたかなと思います」

 SP7位で迎えたフリーは、ジャンプの精度が悪く得点が伸び悩んで87.12点にとどまり、合計140.70点の総合12位に終わったが、上位15人(シード選手を除く)が出場権を得る11月の東日本選手権(東京)への進出が決まった。

 フリーは、平昌五輪出場を逃した翌2018年-19年シーズンのシニア2年目で使用した『LOVERS』を再演。淡い黄色と黄緑色に色とりどりのスパンコールであしらった可憐な衣装を身にまとい、華麗な舞いを見せた。見る者を引きつける踊りは健在だったが、不安定なジャンプを修正できないままの演技になったのが惜しまれた。演技構成点は50点台だったものの、技術点は30点台にとどまり、ジュニア時代のような輝きは失われている。