2021.10.26

宇野昌磨が喜んだ世界のレベルアップ。GPシリーズ表彰台もライバルの姿に刺激され「もっとできる」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Getty Images

GPシリーズ第1戦スケートアメリカ・フリー演技の宇野昌磨GPシリーズ第1戦スケートアメリカ・フリー演技の宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る  今の自分が跳べるすべてのジャンプを駆使して世界のトップに追いつきたいと、心に決めてシーズンインをした宇野昌磨。10月22〜24日に開催されたスケートアメリカでは、2018年12月のファイナル以来のグランプリ(GP)シリーズ表彰台となる2位に入った。だが、その表情は冷静なままだった。

 心に秘めた気迫は、ショートプログラム(SP)からうかがえた。身体は指先までに太い芯が通ったような、これまで以上の力強さを感じさせる動き。『オーボエ協奏曲』に入り込むだけではなく、曲自体を制御するような滑りだった。最初の4回転フリップはパンクで2回転となって0点だったが、慌てなかった。

 失敗のあとは落ち着いた滑りから4回転トーループ+3回転トーループを成功させると、最後のトリプルアクセルも不安のないジャンプに仕上げた。コンビネーションスピンの取りこぼしはあったが、演技構成点も全選手中最高の44.78点で、合計は89.07点。ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)に8.36点差の2位発進だったが、ミスがなければ確実に100点は超えられる力をしっかり見せる演技だった。

 そして宇野は演技についてこう話した。

「いつもなら4回転フリップを失敗したあとは、もう失敗したくないと思って4回転トーループやトリプルアクセルに挑み、ちゃんと跳べたら終わったあとでホッとしていました。でも今回はホッとしたり失敗を悔しがるのではなく、フリップがどういう失敗だったか、次はどうすればいいかだけを考えていました」