2018.11.02

羽生結弦がプログラム構成を変更。「自分の気持ちを解放してやりたい」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 さらに羽生は、フリーのジャンプ構成の変更についても口にした。オータムクラシックでは4回転ループの後に4回転トーループを入れ、後半最初の4回転サルコウに3回転トーループを付ける連続ジャンプにしていたが、今大会のプログラムプランは、ふたつ目のジャンプを単発の4回転サルコウにして、後半に入って最初のジャンプを単発の4回転トーループにしている。

 そして、最後3回のジャンプには、4回転トーループ+トリプルアクセルと3回転フリップ+3回転トーループ、トリプルアクセル+1Eu+3回転サルコウと連続ジャンプを並べてきた。これもやはり勝つための戦略であるとともに、自分が今できる最高の構成にしたいという気持ちの表れだ。

「やっぱり、2回転を一本も跳ばなくてもよくなったというところは大きかったですね。もちろん練習の段階でたいへんなところは何カ所もあったけど、そこはしっかりクリアできたので不安なくできると思います。3回転フリップ+3回転トーループはジュニア以来だと思います。ルッツはまだ足にかかる負担がちょっと大きいのでそれを考慮してフリップにして、最後の3本のジャンプの中に4回転を入れつつ、3回転+3回転も入れました。なおかつトリプルアクセルを2回入れたいという欲張りな考えもあったので……。だったら、4回転トーループの後にトリプルアクセルを入れるしかないなと思ったんです」

 オータムクラシック後、技術的にも安定してきたのでプログラムの通し練習をしっかりやってきたという羽生。また、レベルを落としてしまったスピンやステップも、「構成を変えて、かなり練習をしてきましたし、変えたプログラム構成に見合う体力作りもしてきました」とGPシリーズ初戦に意気込む。

 納得のいかない演技だったからこそ、より難度の高いプログラム構成にして自分のモチベーションも高める。それはこれまで何度も見せてきた、羽生結弦らしさでもある。この大会でまた、彼の新たな意地を見られそうだ。

関連記事