2015.11.08

中国杯優勝の浅田真央。印象的だった「とてつもない伸びしろ」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha   能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「大きな壁」と自ら表現する高い目標を設定して、その頂に猛烈なアタックをかけ始めた浅田真央が、戦いの場にしっかりと戻ってきた。
 
 復帰シーズンとなる今季のグランプリシリーズ(GP)初戦となった中国杯で、25歳の元世界女王が2シーズンぶりのGP優勝を飾った。今回のGP大会出場は、優勝した2013年12月のGPファイナル(福岡)以来。11年ロシア杯から数えて8連勝となり、シリーズ通算15勝目(GPファイナル4勝を含む)で日本選手最多優勝回数を更新。歴代最多の17タイトルを持つイリーナ・スルツカヤ(ロシア)の大記録まであと「2つ」に迫った。

中国杯で優勝した浅田真央、フリーの演技 この日のフリーは、2度のジャンプミスなどで精彩を欠いて125.75点の3位だったが、前日のショートプログラム(SP)で2位との差を約6点差つけていた貯金が生き、合計197.48点のトップスコアをマーク。フリー1位の本郷理華を1.72点差でかわして辛くも逃げ切った格好だ。

「今日のフリーの演技はすごく納得していないですし、自分の予想していた演技ができなかったので、結果は優勝ですが私としては満足していませんね。フリーでは自分のやるべきことがたくさんありますし、まだまだ課題がたくさんあるんだなと感じました。次の試合(NHK杯)に向けて、時間は少ないですけど、フリーを中心に練習していきたいです」