2022.04.21

皇治が那須川天心vs武尊をマジメに予想。「単純に”強い”のは武尊。しかし天心には”アドバンテージ”がある」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

皇治インタビュー 前編

 4月7日、那須川天心と武尊が約2カ月後に迫る「世紀の一戦」に向けた会見を行なった。昨年12月24日の対戦発表会見以来となる顔合わせで、両者は煽ることも、慣れ合うこともなく心境を語った。

 6月19日の「THE MATCH 2022」で勝ち名乗りを上げるのは "神童""3階級王者"か。ふたりと対戦経験がある皇治選手に、それぞれの強み、勝敗のポイントを聞いた。


那須川天心と武尊、両者と対戦経験がある皇治が試合展開を予想した那須川天心と武尊、両者と対戦経験がある皇治が試合展開を予想した この記事に関連する写真を見る ***

――あらためて、注目の一戦の展望をお伺いできたらと思います。

「ホンマはこの試合のことを話すのは嫌で、そういうオファーも断ってきたんやけど......今回は特別ですからね」

――ありがとうございます! では、今回の契約体重、前日計量が58kgで、当日が62kgという点から。リカバリーできる幅が4kgな点についてはいかがですか?

「戻していい幅が4kgまでなら、普段の試合とあんまり変わらないんじゃないですかね。俺も若い時はリカバリーで5、6kgくらい戻してましたけど、今は4kgくらいですし。あんまり戻しすぎても動けなくなっちゃいますから。

 戻していい体重を考えながら、というのはストレスにはなるでしょうけどね。しんどくて長い減量が終わったあと、一気に飲み食いしたいでしょうし。でも、集中が切れにくくなることはあるかもしれない。これは"格闘家あるある"で、計量が終わると集中が切れちゃう選手も多いんですよ。それでリカバリーで食べすぎちゃったり。そういう意味では、この条件は選手にとって損ではないと思います」

――皇治選手は、2020年9月の『RIZIN.24』で天心選手と対戦したあと、「武尊のほうが強い」とコメントしていました。これは、2018年12月に行なわれた武尊選手との試合と比べての感想ですか?(試合はどちらも0-3の判定負け)

「ルールがあるスポーツという点では、圧倒的に"うまい"のが天心。一方でケンカじゃないですけど、単純に"強い"のは武尊という印象です。武尊とは『コイツとは命をかけて戦わないとヤバい』と思ったんですけど、天心との試合は『うわ~、オモロない』って感じでした」