2022.04.21

ゴロフキン戦後の村田諒太について、米記者たちの見解は2分。「最善の引き際」「現役続行ならすぐにタイトル戦」

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

「ムラタのハートはすばらしかった」

 世界中の注目を集めたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)対村田諒太(帝拳)戦から1週間が過ぎた4月16日。テキサス州アーリントンで開催された大興行(※)の会場にいたアメリカのボクシング関係者に、日本で行なわれた"ビッグファイト"の感想を聞くと、誰もが村田の闘志を褒め称えた。

ゴロフキン(右)相手に激しい攻めを見せ、評価を上げた村田ゴロフキン(右)相手に激しい攻めを見せ、評価を上げた村田 この記事に関連する写真を見る  結局はゴロフキンの完勝と認めた上で、多くのメディアが村田の勇気を評価した。強敵に真っ向から立ち向かい、最後まで勝利を目指した村田の戦いぶりに胸を打たれたのは日本のファンだけではなかったようだ。

(※)同日のメインはエロール・スペンス・ジュニア(アメリカ)対ヨルデニス・ウガス(キューバ)のウェルター級3団体統一戦

 4月9日のWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦で、WBAスーパー王者の村田はIBF王者ゴロフキン(カザフスタン)に9回TKO負け。それでも序盤戦は攻勢に出て、エンジンのかかりがやや遅かったゴロフキンに強烈なボディブローを打ち込むシーンもあった。

 中盤以降は総合力の違いを見せつけられたものの、『Boxingscene.com』のキース・アイデック記者は 「村田は小細工せず、大舞台でも精魂込めて打ち合った。これほどの注目を集めたファイトで、地元ファンを喜ばせる戦いをしたことはリスペクトしたい」とその姿勢を評価した。

 村田に他の戦い方の選択肢はなかったかもしれないが、その不退転の覚悟と決意はおそらく世界中のファンに伝わっただろう。そして、これほどの頑張りを見せたあとだからこそ、「ここが引き際ではないか」という声も多かった。代表的なものは、『Boxingscene.com』のライアン・バートン記者のこんな言葉だ。

「村田は2度も世界王者になり、十分なお金も稼いだはずだ。現在の世界ミドル級でも最強と思える選手と戦い、堂々とした負け方だった。これ以上、いったい何を目標に戦うべきなのか。健康な体を保っているなら、今こそ最善の引き際なのではないかと思う」