2021.06.18

ジュリアが木村花を思い、涙。「花の気持ちを無駄にしたくない。誹謗中傷には負けない」

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko

■『最強レスラー数珠つなぎ』女子レスラー編
「美しき狂気」ジュリア 後編 前編から読む>>

 キャバクラの同伴で観戦したプロレスに、次第に引き込まれていったジュリア。2017年7月、アイスリボンのプロレスサークルに入会した。最初は前転も後転も、腕立て伏せもできなかった。そんな彼女に、テレビの密着取材の話が舞い込む。

「ヘアメイクの仕事がしたかったのですごく悩んだんですけど、ヘアメイクってどちらかというと裏方の仕事じゃないですか。目立ちたがり屋なところもあったので、プロレスのほうに気持ちがいってしまった。『YES』と答えを出して、そこから過酷な日々が始まりました」

プロレスデビュー後、急成長を遂げていったジュリア(写真提供/「スターダム」)プロレスデビュー後、急成長を遂げていったジュリア(写真提供/「スターダム」) この記事に関連する写真を見る  8月に練習生になり、デビュー戦はわずか2カ月後の10月。ヘアメイク専門学校の学費を返すため、夜はキャバクラの勤務を続けつつ、毎日ヘロヘロになりながら練習に通った。結局、受け身が取れないままデビュー戦を迎えた。

「『受け身を教えるレベルにもなっていない』と言われて教えてもらえなかったんですよ。『それなのにデビューして大丈夫なの?』みたいな。今、デビュー戦の試合を観ろと言われても断ります。絶対、観たくない。新人時代は本当にしょっぱかったです」

 その後、2年間アイスリボンに所属したが、2019年10月9日に突如、スターダム後楽園ホール大会に姿を見せ、スターダムへの参戦を表明した。

「とにかく変わりたかった。自分で自分を止めることができないくらい、限界に来ていました。なりふり構ってられないくらい"どん底"だったんです。すべてを変えるか、引退するかの二択でした」

 スターダムに正式入団し、11月28日に都内で会見を開いたが、風当たりは強かった。

「まあ、不義理をしたので......。『アイスリボンに恩はないのか!』と散々言われました。わかっていながらその道を選んだので、耐えて耐えて、耐え抜きましたね。試合がすべてだとは思ったけど、デビューして2年で、そんなにすごい試合ができるわけでもないし、マイクが特別うまいわけでもない。足りないものが多すぎて、抱えている気持ちと、現実の自分が全然嚙み合っていなかった。そこのギャップもつらかったです。なので、とにかく練習して、(マイクの)言葉もかなり考えるようになりました」