2017.11.15

【国際プロレス伝】白パンツが似合う
寺西勇は、元力士のテクニシャン

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • photo by Nikkan sports/AFLO

【第21回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

白いパンツがトレードマークだった寺西勇 大相撲からプロレスへの転向だったものの、パワー一辺倒ではない。玄人好みのテクニシャンとして、東京プロレスや国際プロレスをはじめ、新日本プロレス、ジャパンプロレス、そして最後は全日本プロレスで活躍した寺西勇マイティ井上やタイガーマスクなどと熱戦を繰り広げ、多くのプロレスファンを魅了した。国際プロレス崩壊後も「国際軍団」「維新軍」でともに戦い、アジアタッグ王座に輝いたアニマル浜口が、寺西勇のいぶし銀の味を熱く語る。

「国際プロレスとはなんだ?」前回コラムはこちら>>>

連載第1回目から読む>>>

和製カーペンティア・寺西勇(1)

 1973年3月16日、東京・町田市体育館にて国際プロレスが誇る技巧派同士が激突した。

 45分3本勝負――。マットに上がったのは、2年以上にわたる海外遠征から前年10月に帰国し、メインイベンターへの階段を一気に駆け上がっていたマイティ井上。対するは、井上がヨーロッパに渡る前は一度も負けたことがなく、追い抜かれまいと先輩の意地を見せる寺西勇。

 両雄の1度目の対決は2月10日、全日本プロレス新宿大会で20分時間切れの引き分けに終わる。さらに3月8日の国際プロレス長野大会で、またしても30分時間切れで引き分けと勝負はつかず。上記の45分3本勝負は、決着を望む井上と寺西が吉原功(よしはら・いさお)社長に直訴し、実現した対戦だった。