2017.11.01

【国際プロレス伝】アニマルとのタッグで
大暴れしたマイティ井上の今

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • 原悦生●撮影 photo by Hara Essei

【第20回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 IWA世界ヘビー級王座から転落したものの、マイティ井上はタッグ王者として国際プロレスで大いに輝きを放つことになる。そのベストパートナーとして井上が名を挙げたのは、「アニマル浜口」。ふたりはIWA世界タッグ王座に何度も輝き、国際プロレスで一世を風靡した。だが、そんな息の合ったコンビも、国際プロレス解散とともに、別々の道を歩むこととなる――。

「国際プロレスとはなんだ?」前回コラムはこちら>>>

連載第1回目から読む>>>

IWA世界タッグ王座にも輝いたアニマル浜口(一番左)とマイティ井上(左から2番目)マットの魔術師・マイティ井上(4)

 マイティ井上がマッドドッグ・バションに敗れた9日後、次は俺だとばかりに立ち上がったのはラッシャー木村だった。4月19日、北海道・札幌中島スポーツセンターで行なわれた金網デスマッチ時間無制限1本勝負は激闘の末、逆エビ固めで木村がバションを撃破。IWA世界ヘビー級第11代チャンピオンとなった。

 その後、井上はエースの座に就いた木村に何度も挑戦する。

 前にも触れたが、国際プロレスは1973年、IWA世界ヘビー級チャンピオンのストロング小林にラッシャー木村が挑む「同門対決」を実現していた。だが、木村に対してはグレート草津やアニマル浜口、寺西勇、阿修羅・原も挑戦しておらず、ひときわ異彩を放つ井上の下剋上魂は多くのファンから支持された。